ゆたかの眼





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

おやじの長~い独り言。 :: 2010/10/30(Sat)

PENTAX K-m&DA40mmF2.8 「インデックス機能」


今日は、これまでに購入したペンタックスデジタルの印象を書いてみます。

といっても詳細なスペックや技術的なことではなくて、購入時のエピソードなどです。


最初に購入した一眼レフはK100Dです。

Kマウントマニアの間で、「ペンタックスからKシリーズの一眼レフが出るらしい」と噂が流れ始めていました。

手振れ補正機能を内蔵しているらしく期待して発売を待ちました。

初期ロットのトラブルを避けるために、発売から1ヶ月後に購入。

なにしろ、ライバル機種と比較検討をしたわけでもありませんので何がいいのか悪いのか。

ファインダーは、同クラスのカメラよりも遥かに良かったと思います。

FA35mmF2.0やFA50mmF1.4とのバランスも良くデザインも精悍です。

しかし、その数ヵ月後にK10Dが発売されるとは・・・トホホ。

この当時はフィルムカメラも併用していましたので、1日撮影して36カットなんてこともありました。(笑)


2番目は*istDLⅡです。

ボディ単体は在庫切れで、不本意ながらレンズキットを購入しました。

本当はペンタプリズム採用のDSⅡが欲しかったのですが、DSⅡは液晶が粗く発色も良くありませんでした。

DLⅡは先代DLのあちこちにシルバーを散りばめ、おでこのロゴまでシルバーにしてしまったカメラです。

シルバーボディが用意されていたDLの部品を流用したのでは?と勝手に考えています。

間違いがなければ、DS・DL・DSⅡ・DLⅡは液晶サイズを除けばほぼ同じボディです。

使い始めると、K100Dよりも小振りで手に良くなじみました。

数ヵ月後に、今度はボディ単体でもう1台購入したのは私の七不思議です。


3番目はオプティオE20です。

これは母へのプレゼントです。最初はちょっと戸惑っていましたが、フィルム交換の煩わしさから

開放されたようです。現在はIXY D 25ISを愛用しています。


え~っと、次は未だに現用機のK10Dです。

言わずと知れた空前のヒット作。ペンタックス渾身の作。世界3大カメラ賞受賞。

今では当たり前の機能を世界初尽くしで搭載してきました。発売日には予約分だけで売り切れ。

それから1年数ヶ月後。K20Dを見てからK10Dを購入しました。(笑)

しばらくして格安価格で売られていましたのでもう1台購入。

このカメラからハイパー操作系と一緒に前ダイヤルも復活しました。

私は小型軽量路線のペンタックスよりも、Z-1系のペンタックスのほうが好きでした。

防塵防滴仕様は埃に対してはかなり有効で、ファインダー内はもちろん液晶パネルや背面液晶にも埃は見当たりません。

この辺は、K100Dも*istDLⅡもダメですね。DLⅡは最初のワンショットでファインダーに埃が付きました。(泣)

ダストクリーニング機能も効果があるのか、CCDのクリーニングもろくにしたことはないのですが

昨年、撮影画像の傾きをサービスセンターで調整してもらいました。

今までずっと自分の腕のせいだと思っていたのですが、実はカメラの問題でした。

スローシャッターでシェイクリダクションが効いているときに、CCDが傾く傾向があるような気がします。



最後はK-mです。

このカメラもK-xを見てからの購入です。(笑)

このカメラからユーザーインターフェイスが変わってきました。

私としては、背面液晶の左側にボタンがあったほうが使いやすいと思うのですが?

右手だけで操作が可能と言われていますが、左手も同時に使ったほうが合理的だと思います。

液晶画面の大型化に伴う変更なので、いたしかたないとは思いますが。

書き込み速度が遅いとか、液晶の色がさえないとか、スーパーインポーズがないとかは

小型軽量・単三電池仕様・最後のCCD搭載機ということで・・・。

ちなみに、K-mの開発コンセプトに「K20Dのデザインをそのままに小型化を」というのがあったそうです。

確かに上から見るとそんな気がします。


PS.上の写真は始めてインデックス機能を使ってみました。最近の機種にはみんなついているのでしょうか?

ん~、K-5はいいらしいし。長~い独り言でした。ふ~っ。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 撮影機材
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<夕焼け。 | top | だんご。>>


comment

ペンタックスは

色の表現が独特ですね。
特に山とか風景が奇麗だと思って見ています。
銀塩時代からのファンが多いからでしょうか。
ニコンは頑丈、報道系でバサバサ撮るイメージです。
自分もスケッチ感覚でガンガン撮るタイプ^^
  1. 2010/10/31(Sun) 06:28:01 |
  2. URL |
  3. u-kazu #-
  4. [ 編集 ]

★u-kazuさん。

おはようございます。

> 色の表現が独特ですね。
> 特に山とか風景が奇麗だと思って見ています。
> 銀塩時代からのファンが多いからでしょうか。

単純に鮮やかというのではなくて、こっくりしていますね。

「原色に忠実」ということには、こだわっていないような気がします。

> ニコンは頑丈、報道系でバサバサ撮るイメージです。
> 自分もスケッチ感覚でガンガン撮るタイプ^^

そうですね。キャノンはクリエイティブなイメージ。

ペンタックスはというと・・・一言では。(笑)

  1. 2010/10/31(Sun) 12:50:07 |
  2. URL |
  3. ゆたか #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoshiyutaka2.blog6.fc2.com/tb.php/445-a1be0b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。